2012年02月19日

「MTB 雪上ツーリング」は、ドえれぇ〜楽しい!

120219-01.JPG

最高気温マイナス1度、スキー・ボードのハイシーズンに長野へ自転車に乗りにいくとは、
一般的にみれば、よほどの「好きモノ」で「変態」ですねぇ。

一緒に参加された方が、高速道路でクルマの上に自転車を積んで走っていると、すれちがう
クルマの人に「結構、驚異の目で見られました」と、おっしゃていました。

120219-02.JPG120219-03.JPG120219-04.JPG

やまめの学校の堂城 賢さんに案内をしていただき、実技講習を交えてのトレイルライドです。
トレイルまでのアプローチの道路は、凍結していて緊張感がありましたが、森の中に入ってしまえば
コケてもあまり痛くない積雪だし、上手に乗る練習にはもってこいですよ。

120219-05.JPG120219-06.JPG

ボトルの水が凍ってしまう状況でしたが、森の中は意外と暖かくて、思ったより寒さは気になりませんね。
イイ感じの積雪量でボチボチ走行できるし、自転車を何かで支えなくても立たせられましたよ。

120219-07.JPG120219-08.JPG120219-09.JPG

森の静寂の中を、エエ歳のオッサン連中の歓声が響いてました。
楽しく遊びながら上達出来て、物凄く効率がイイですよ。

雪の上での走行は、全くごまかしが利かないです。正しく乗れないと、走り出すことすら出来ません。
改めて自転車は「力任せ」ではないことを感じました。路面がグリップするしないに関係なく自転車を
安全・快適に走らせるのには、無駄な筋力ではなく、もっと大事なことが有るんですね。

今回、私はシングルスピードで参加しましたが、安曇野の緩やかな起伏のロケーションや、
私のような凡人がコケやすい雪道には、倒れてリアメカのダメージを気にしなくてイイし、
物凄くヨカッタですよ。

毎年恒例にする予定ですので、ボチボチとご参加ください。
マウンテンバイクが、ウィンタースポーツだと感じていただけますよ。




posted by BIKE EIGHT at 14:41| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

「MTB 山道安全講習会」 無事に終了しました。

120115-02.JPG120115-03.JPG

この時期としては、絶好のコンディションのなかで行えて、とてもヨカッタですね。

120115-04.JPG120115-05.JPG120115-06.JPG

岡村さんの平地での基本動作や実際にトレイルでの解説・実技付きの講習は、分かり易くて楽しいです。

120115-07.JPG120115-08.JPG

和気あいあいの雰囲気の中、あっという間の時間でしたね。

120115-01.JPG

今回の講習の主旨は、安全に「止まる」「曲がる」です。
基本動作が出来て、次に速く走ることになります。

私の場合「速い」は二の次三の次で、「楽しく乗れる」ことが第一です。

今回の各務野のコースは、タイトコーナーが多く、ギアチェンジをする暇が無いくらいの短いアップ・
ダウンがほとんどの状態で、あまり楽しいと思ったことがなく、とりあえずMTBで気兼ねなく走れる
トレイルというだけで利用していましたし、今回をいれて来たのは4〜5回くらいですね。

しかし、岡村さんのおかげで「スゲぇ〜、面白くて・楽しいコース」になりましたよ。
気持ち良く自転車をコントロールできるようになり、格段に安定して乗れるようになりましたね。
私だけでなく、参加いただいた方も同じことをおっしゃっていました。

また企画いたしますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
自転車が一段と好きになると思いますよ。
posted by BIKE EIGHT at 21:23| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

MTB 山道安全講習会

マウンテンバイクで遊ぶには、一番イイ感じの季節になりました。

1月15日(日) 各務野自然遺産の森にて、講師に「岡村 周治プロ」をお招きして
オフロード走行での基本動作をメインにした講習会を行います。

どんなことでも同じですが、楽しく・安全・快適に遊ぶには、まず基本がしっかりしていないと
イカンですね。安全に「止まる」「曲がる」ことから、改めて学んでいただきたいと思います。

午前の部は基本動作の講習・実技、午後はMTBコースでの走行を予定しております。

その道を極められたプロの方に、普段自分が苦手な事や、上手くなるコツなども聞けるイイ機会です。
興味のある方は、ぜひご参加ください。


詳細は、以下の通りです。


日時    2012年1月15日(日)

場所    各務原市 各務の自然遺産の森 http://www.city.kakamigahara.lg.jp/shoukai/kankou/shizenisan.html

時間    9時30分〜15時30分 (12時〜13時 食事休憩)

費用    ¥6,000−

      各自にて現地集合・現地解散です。

お申し込みは、バイクエイトまでメール(mail@bike8.com)にて、お申し込みください。
お名前・年齢・ご住所・お電話番号(携帯電話)を明記ください。
当日受付も可能です。お電話でのお問い合わせは、0572−22−8013 です。


天候が雨天の場合は中止とさせていただきます。その場合、事前に申し込みをいただいた方には
電話にてご連絡させていただきます。当日受付の方は、朝7時30分までにこのブログにて
お知らせいたします。雪の場合は行う予定です。

―ご用意していただくもの―
マウンテンバイク・ヘルメット・グローブ・昼食(施設内に売店はございません)
スポーツ保険は各自でご準備ください。


posted by BIKE EIGHT at 17:45| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

2011 SDA 王滝

心配されていた天気が、当日はものすごくイイ感じになってヨカッタですよ。

110919-1.JPG110919-2.JPG

毎度のツーリング気分で、ボチボチと最後尾からスタート。

110919-3.JPG110919-4.JPG

今年も来てヨカッタと思う景色を見ながら、余裕の記念写真!?

110919-5.JPG

前日までの雨のおかげで、結構路面はウェットコンディションが多かったですよ。
久しぶりに、フロントの泥除けがありがたいと思いましたねぇ。装備しといてヨカッタァ〜。

110919-6.JPG

スタートからちょうど4時間の景色で、第1チェックポイントまであと1qくらいです。
「あ〜〜終わってしまったぁ〜」っていう、記念写真です。今年は、第2チェックポイントまでの
途中の湖や、第2チェックポイントを過ぎてからの御岳の景色が見れなくて、残念やったですねぇ。

110919-8.JPG
(超貴重なツーショット写真。撮影 T瀬さん、ありがとうございました。)

去年は、スーパー安全・スーパー快適なフルサスペンション・スーパーフライ100だったのですが、
今年は、真逆のフルリジッドのソーヤー号だったので、上りは順調にエッチらオッチらとイケてたのですが、
下りは「身体が、路面の凹凸の振動で、バラバラになるんじゃないか」って感じでキツカッタですねぇ〜。

今まで100qを完走したのはフルサスバイクだったので、どんだけサスペンションに助けていただいて
いたのか、とくにリアサスペンション様には、改めてこういった場面でのありがたさを感じましたよ。
まだまだ修行が足りないですねぇ〜。グリップする軟弱な路面ばかり乗ってるとイカンですね。
来年、改めてソーヤー号で再挑戦やね。しかし、今日は身体のあちこちが結構痛いですよ。

結果は、夫婦揃って第1チェックポイントでご無礼させていただきました。
嫁ハンは、「上りはスイスイと行けたけれど、オフロードの下りの練習を全くしていなかったので
上半身がもちませんでした。また、来年リベンジですね」っとのことでした。

今年も、イロイロと気付かされて、おもしろかったですね。
また、ボチボチとイッときましょう。
posted by BIKE EIGHT at 20:00| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

「FCB 8時間サイクルマラソン」に行ってきました

中部国際空港 セントレアを自転車で走れるということで、今回はロードバイクで参加しました。
滅多に走れないし、100%平坦で、自分勝手に気楽に楽しみたかったので、ソロでエントリーしました。

101121-01.JPG101121-02.JPG

2〜3日前の天気予報だったら傘マークが付いていたのに、この日はドエれぇ〜エエ天気で、
風がとぉっても穏やかで、気温もウィンドブレーカー無しで走れるくらいの絶好のコンディション
でしたね(服装はスェットパーカー・C3fit上下・パールの157SMTアンダーパンツと
バイカーズパンツです)。

101121-03.JPG101121-04.JPG101121-05.JPG

アニメのキャラクターや戦隊モノなどのスタイルで楽しんでる方もボチボチいらっしゃいましたね。
いつか戦隊モノに対抗して、「変態モノ」で登場しようかな。まぁ 格好は、素っ裸にレーサーパンツの
パッドを切りぬいて、ガムテープで前張りみたいに貼り付けて、ヘルメット・グローブ・ソックス・
ビンディングシューズは、しっかり身につける予定ですね!?。

101121-06.JPG101121-07.JPG101121-08.JPG

夕日がドエれぇ〜きれいで、これを見ながら走ってるだけでも価値はありましたね。

101121-09.JPG

とりあえず怪我やメカトラブルもなく無事に走れたし、家にも無事に帰ることが出来てヨカッタですね。

周回コースの内側に自動車の駐車スペースがそのままピットとして使えたし、走ってる途中での休憩や
食事などが、のんびりできてロケーションはヨカッタですね。

本気汁垂れ流してガンガンシコシコ行ってる方もいらっしゃいましたが、コースの特徴や趣旨からすれば
仮装しながら自転車を楽しむ方、家族で小さい子供さんのペースで楽しむ方、スピードに執着しないで
自動車や歩行者に気を取られずに、純粋に自転車に乗ることを楽しめるイベントになってほしいと思います。




posted by BIKE EIGHT at 19:33| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

「29erシングルスピード ミーティング」に、行ってきました

「29」という文字に反応して参加してしまいました。

29erのシングルスピード(変速機が付いていない自転車)を持っていなくてもOKだし
自転車を上手に乗るトレーニングにもなるし、軽快でダイレクトな走りを改めて体感しようと思い参加しました。

101031-1.JPG

「台風が本州に上陸するかも」と、言ってるのに、こんなにたくさんの「変態」が集まりました。

30日(土)は、天候不良の為、開催予定時刻が遅くなり、屋内でのスケジュールのみとなりましたが、
シングルスピードミーティングの世界大会の報告会では、かなり興味深い?内容で面白かったですね
(詳細が気になる方は店長にお尋ねください)。

101031-3.jpg

31日(日)は、朝6時からの早朝「ヨガ」から始まり(希望者のみ・私は参加)、「エコツアー」と
朝食前から、いつもの日常とは違う体験ができてイイ感じでしたね。

101031-7.JPG101031-8.JPG

スケジュールのメインは、「トレイルライド」「北アルプス展望のみちツアー」「堂城マサル氏の
やまめの学校」とコースが選択でき、私は「やまめの学校」に参加しました。

マサル先生は「シングルスピードの方が簡単で速く走れる!」「変則付きは、適正なギアが上手に使
えないと遅い!」と、おっしゃってましたが、そこまでの技術・体力が無い私は、まだまだ変速機の
お世話にならないと、山坂の多いこの辺りでは楽しく自転車に乗ってられませんね。
もっと股関節を柔らかく、心肺機能をアップさせて、お腹のラードがもう少し無くなれば、さらに良さが
分かるでしょうね。でも、変速機の無いダイレクトで軽快な漕ぎは凄い魅力だし、部品点数が少ないので
軽くてトラブルが少ないのもイイですね。

101031-9.JPG

残念な天候で自転車に乗ってた時間より、懇親会で酒を飲んでた時間の方が長かったと思いますが
ハードコアな愛好者の方々と接することができて楽しかったですね。

101031-2.jpg

101031-4.JPG101031-5.JPG101031-6.JPG

今回、お世話になった会場の「舎爐夢(シャロム) ヒユッテ」さんは、穀類菜食の料理が有名な
ペンションで、食事もおいしくてとっても楽しめましたね。
多分、雑穀米の影響だと思いますが、ただでさえお通じがイイ私ですが、今日はさらにイイですね。
いただいた食事は宿泊でなくても、レストラン営業もされているので、興味のある方は立ち寄って
みてはいかがですか。






posted by BIKE EIGHT at 20:39| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

2010 SDA100km in 王滝

今年も天候に恵まれて、ヨカッタですね。天気が悪いと、ただの修行ですからね。

100919-01.JPG
個人的には、例年になく準備がイイ感じで出来てたし、走れていたし、煙草も止め
バイクも最高のモノだったので、なにげにボチボチ記録もイイ感じのが出るんかなと
期待してましたが、自己新も出ない始末で、ちょっとガッカリでしたね。
まぁなんとか完走出来てヨシとしときましょう。

100919-02.JPG

100919-03.JPG
この三浦貯水池の景色は、100kmの第2チェックポイントへ向かう途中にあるのですが
個人的に気に入っていて、5年ぶりに拝ませていただきました。

100919-04.JPG
真横に見る御岳は、やっぱりイイですよね。でも景色を楽しむのは、42kmと比べて
100kmはとってもキツく、今回の画像はとっても少ないですね。
まぁ100kmでも、余裕で走りも景色も楽しめるように仕上げるのが理想ですね。

この手の長距離系のMTBイベントに興味のある方は、是非挑戦してみてください。
非日常的・普段は立ち入り禁止になってるところを余計な気を使わずに走れるのは
少々しんどいですが、実に楽しいですよ。






posted by BIKE EIGHT at 00:27| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする