2018年08月11日

「2019 トレック」の新製品発表会に行ってきました(その2)。

ニューモデルのeBike(電動アシスト)とロードバイクに試乗しました。

この日は結構涼しくて、試乗するには楽でしたねぇ〜。


ebike.JPG


トレックには他にもジャンル別に数種類のeBikeがあるのですが、日本にはクロスバイクタイプの2種類が販売されます。

2019年モデルからバイクエイトでもeBikeの販売を開始いたします。



+ds.JPGds+2.JPG


今回新しく販売されるeBikeのニューモデル「デュアルスポーツ プラス」です。

ダウンチューブにバッテリーが内蔵されていて、見た目がスマートですね。

パワーアシストモードのセッティングは2018年から販売されている「バーブ プラス」と同じなのですが、

フレームのジオメトリーによりデュアルスポーツの方がスポーティーなのと、バッテリー容量が大きいので

アシストの距離も増えています。

1番アシストが効くパワーモードだと、ペダルを3〜4回転させるだけでアシストが効かなくなるスピードまで

あっという間に加速するし、1番アシストが優しいエコモードだと適度にペダリングを助けてくれて快適ですよ。

メーカー希望小売価格は¥380,160−(税込)です。















madonesl.JPG


「マドン SL 6」

OCLV500カーボン仕様のコストパフォーマンスに優れたエアロロードバイクです。

マドンらしいスムーズな加速とIsoSpeedの振動吸収機能のおかげで快適な乗り心地です。

今回用意されていた4台のロードバイクの試乗車では、個人的に1番気に入りました。

メーカー希望小売価格は¥498,960−(税込)です。













emondaslr.JPG


「エモンダ SLR 7 ディスク」

超軽量のエモンダSLRにもディスクブレーキ仕様が発売されました。

前後スルーアクスルによる剛性の高い反応の良い走りは、ロードバイクの楽しさが堪能できますね。

カスタムバイクプログラムのプロジェクトワンで、自分好みに仕上げる事もできますよ(60,480円アップ〜)。

メーカー希望小売価格¥802,440−(税込)です。












emondaalr.JPG


「エモンダ ALR 5」

新しくなったフレーム重量1kgを切る超軽量アルミフレームで、ケーブル内蔵式になりました。

フレームの反応の良さは健在で、ロードバイクの王道の乗り心地を求める方にはオススメです。

カラーは独特なパープルがイイ感じにそそります。

メーカー希望小売価格¥185,760−(税込)です。













cp1.JPG


「チェックポイント SL 5」

カーボンフレームモデルで、荒れ地を安定して走行できるグラベル専用ジオメトリーは、オンロードでも快適ですよ。

最大45c幅のタイヤまで装着できるクリアランスを確保してあるので、ロケーションによってタイヤの選択肢が増えます。






cp2.JPG


標準装備の700x35cのタイヤでも、こんな感じの未舗装路面は快適に安定して走ります。

さらにタイヤを太くすれば安定感が増し、タイヤ自体のショック吸収性もアップしてロングライドが更に快適になるでしょう。






cp.JPG



グラベル専用ジオメトリーのアルミフレームモデルもあります。

画像のモデルは軽量フレームのALRで、イエローがALR5 ¥230,040−(税込)、

ブラックがALR4 ¥199,800−(税込)です。
















posted by BIKE EIGHT at 17:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする