2017年11月20日

SDA王滝に行ってきました。

9月に開催予定でしたが、台風の影響で中止になり、改めて11月開催となりました。

今回は強烈な寒波の影響でコースが変更になり、120km・100kmはワンウェイではなく

1周18kmを5周する周回コース、42kmは24kmに短縮になりました。

せっかく来たのに周回コースではちょっと残念に思いましたが、標高1500m付近は積雪が

30cmくらいあるとのことでしたので、これでは乗車は無理だし、ほとんどの人が確実に

制限時間内には帰れなくなるので、これで良かったと思います。






私は100kmに参加しました。まぁ〜とにかく寒かったですね。

風がほとんどなかったのが、唯一の救いでしたよ。


スタート時は、まだ日の出前で、ほとんどの方が前後にライトを装備して、

明るくなるまで点灯して走ってましたよ。





171119-01.JPG

171119-02.JPG

171119-03.JPG


コースの標高が高いところでは、こんな感じでスノーライド状態でした。

凍結しているところもあり、転倒している方もいらっしゃいましたよ。

出来ればレースじゃない時に、のんびりと温かい飲み物・食べ物を持って遊びに来たいですね。





171119-04.JPG


チェックポイントは標高の低いところにあり、雪は無く寒いだけで普段と変わりは無いですね。

制限時間は3周(約60km)走り終わった時点で5時間、4周(約80km)で7時間の設定です。

私は2周走り終わった時点で4時間50分くらいだったので、なんとか3周目に行けましたよ。

今回は残念ながら完走は出来ずに、60km地点でDNFとなりました。


まぁ、上りで熱々・下りで冷え冷えのコンディションで、1周目を終わった時点で半分以上

リタイヤするつもりだったのですが、それを考えれば良しとしておきましょう。






171119-05.JPG


コースの途中には、超冷たい湧き水の水溜まりや、ぐちゃぐちゃの路面などがありました。

冷たいし汚れるしで、これが1番嫌でしたねぇ。





171119-06.JPG

171119-07.JPG

171119-08.JPG


下ってると更に冷えて、泥がフレームや衣服その他に付着して凍るし、ハイドレーションのバルブや

ボトルの中の飲料水も凍りました。

とにかく身も心もキンキンに冷えて、久しぶりに強烈に凍えましたよ。




171119-09.JPG


前日が雨だったので、水溜まりの対策として、普段はほとんど使うことがない

シューズのレインカバーが、とても重宝しましたよ。

使用してたシューズが濡れたり汚れたりしなかったし、おかげで、走っていた時のままの

ソックスで家に帰れましたね。

使用したのは、パールイズミのレインシューズカバー(¥5,000− 税別)です。







171119-10.JPG


短くなったコースの24kmに参加した嫁が、女子総合5位(右から2人目)に入賞しました。

私は60kmで早々と終了したおかげで、嫁の表彰式が見れて良かったとしておきましょう。



今回のような周回コースの良さは、普段はあまり見ることが出来ないトップ選手の速さと強さが

近くで見られたのがとても良かったですね。

寒くてネガティブな事ばかり考えていましたが、私がまだ1周もしていないのに余裕でラップされた時は、

「コレが見れただけでも、良かったかな。」と、少しだけでもポジティブな気持ちになりましたよ。

まぁ、それ以外にも凄かったのは、3位に入賞した池田選手は、1周目に落車して肩を脱臼して、

それを自分で直して残りの約5時間を走り切ったそうです。

2位の宮津選手も周回コースに入る序盤で落車して膝をパックリと割る怪我をして、さらに1周目に

パンクのトラブルがあったそうですよ。

間違いなく私なら、その時点でリタイヤですが、トップアスリートの精神的な強さも拝見させて

いただきました。




この寒い中、運営していただいたスタッフの方たちも大変だったと思います。

いつもと違った王滝を体感させていただきまして、ありがとうございました。








171120-01.JPG


今朝は早速いつものウォーキングコースで、MBTとポールウォーキングでリカバリーですね。

朝起きると筋肉痛で立ち上がるのが少々キツかったのですが、良い姿勢を意識して歩いてきたら

かなり痛みが軽減されて、いつも通りイイ感じに仕事もさせていただきましたよ。










posted by BIKE EIGHT at 23:05| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする