2017年05月22日

SDA王滝クロスマウンテンバイクに参加してきました。

5月20日(土)・21日(日)の営業をお休みさせていただいて、王滝村へ行ってきました。

毎年5月と9月に、普段は一般の方の立ち入りが禁止されている林道を使って開催されます。

5月は100km・42km・20kmのオフロードを、それぞれのレベル・気分に応じて選べる

とても貴重なレースイベントです。






170521-001.jpg

20日(土)の夕方に現地入りしました。

この日は、物凄く天気が良くて、久しぶりに見る御岳山はとてもきれいで、

これが拝めただけでも良い気分になりますねぇ〜。





170521-002.jpg


レース当日は朝4時前に起床して、4時過ぎには恒例のMBTウォーキングをしながら

体を目覚めさせて、イイ感じにウォーミングアップをしました。

ちょっとキツイ傾斜を使うと、短時間で全身がほぐれるのでオススメです。





170521-003.jpg


私は100kmに参加したのですが、4時半からスタートの位置取りが出来るので

気合の入っている方は、こんな感じで並べられます。

私は前半からガンガンペースが上げられるほど、体が仕上がっていません。

走り出しはペースを抑え、マイペースで行けるネガティブスプリットでないと具合が悪いので、

毎回最後尾スタートです。

今回はスタートの合図が鳴ってから、スタート地点公園内の自分の駐車場からボチボチと

スタート地点に向かいました。

まぁ、最後尾に並ぶと、スタートラインを通過するまで3分くらい掛かるので、こんなもんで十分です。





170521-004.jpg


スタート前に撮影した御岳山です。

無事にゴール出来ることを事を祈願して、出発いたしました。

この日は天気予報通り、気温30度前後の暑い日でした。

5月の大会としては、自分が経験した中では一番暑かったですね。

中間点を過ぎるころから、日陰でバイクから降りて休んでいる人が、いつもより多かったです。


私は水分補給をデイパックに入れて背負うタイプのリザーバータンクを使っています。

そのタンクからホースを使って簡単に水分栄養補給が出来るので気に入っていますよ。

時間を気にしないでボチボチ走る時は、フレームにボトル装備しますが、SDA王滝の様な

過酷な状況下で、こまめに水分・栄養補給をするときは便利だし、ジェルなどの栄養補給食も

ひとまとめに出来るソフトフラスクも使用すると、乗車したままでも補給が楽で良いですね。






170521-005.jpg


嫁が、女子42kmの総合で3位になりました(右から2人目です)。

怪我やメカトラブルも無く、無事に行ってこられて良かったです。






170522-01.JPG


私のバイクは、トレック・トップ フューエル8 29erのアルミフレームに、ボントレガーの

コビー プロ カーボンホイール等で、無事に7時間40分くらいで完走出来ました。

トップフューエルは大きく分けて上り向きと下り向きのセッティングが出来るので、

今回はヘッドチューブの角度は起きていてBBハイトが高く、登板性能とハンドリングの反応が

良いセッティングで行きましたが、上りをイイ感じで走ってくれましたよ。

次回は下り向きのセッティングも試してみようかと思います。





170522-02.JPG


今回初めてトップチューブに装着するフレームバッグを使用してみました。

栄養補給食を入れているのですが、乗車中にジッパーを開けるとすぐに塩分・栄養補給のタブレットが

食べられるように袋は開けっ放し、体調・路面状況によって栄養補給食が選んで取り出せるので

なかなか便利で重宝しましたよ。





天気が良いと、景色を見に行くだけでもオススメのマウンテンバイクイベントです。

当日、少しでも楽しみたければ、普段から体を整えて仕上げた方が、より面白いと思います。

グリップしないガレガレのオフロードを安全に怪我無く走る、最低限の技術も必要かと思います。

「これからマウンテンバイクを買って行ってみよう!」と、お考えの方でも、バッチリとアドバイスを

いたしますので、思い立ったらいつでもご相談くださいね。









posted by BIKE EIGHT at 20:12| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする