2012年09月20日

2012 SDA王滝

今年も無事に参加できました。
怪我やメカトラブルも無く、行き帰りの道中も何事も無く行って来れてヨカッタですよ。

120919-01.JPG

朝6時、MTB100kmのスタート風景です。毎度最後尾からスタートするのですが、
去年よりも参加者が多く、スタート地点を通過するのにいつもより時間がかかりましたね。

今年は、とにかく約33km地点の第1チェックポイントは時間内に通過したかったので、カメラでの
撮影の時間を惜しんで、ひたすら自転車を漕いでた感じです。
去年はオフロード走行を全然していなかったので、下りがゲロゲロで大変でしたが、今年はコンスタントに
オフロードへ行っていたし、シングルスピードでちゃんと乗れていたおかげで、とりあえずフルリジッドでも
最初のうちは快調でしたねぇ。

120919-02.JPG120919-03.JPG

スタートから50km地点の画像です。今年は池の水が少なくて、いつもと違う景色でしたよ。

しかし、この辺りから路面の凹凸による振動がボディブローの如く体に効いてきましたねぇ。
背中と腰がパンパンで痛いし、55kmを過ぎたあたりからは完全に心が粉砕骨折状態でした。

120919-04.JPG120919-05.JPG

もぉ〜ネガティブシンキングのオンパレードですね。「もう二度とフルリジッドバイクでこんな所へ
来るものか!」「こういうところはフルサスでないとアカンやろ!」などと、何してんだオレ状態でした。

120919-06.JPG120919-07.JPG

でも、普段なかなかお目にかかれないイイ景色を見れると、「来てヨカッタ。」「来たかいがあった。」と
参加できたことが、素直にうれしいですよ。ただし、これが雨天だと「ただの修行」になってしまいますね。

120919-08.JPG

今年は、約66km地点の第2チェックポイントでご無礼してきました。スタートから7時間を過ぎると
その先へは進むことは出来ません。とりあえず去年は第1チェックポイントを通過できなかったので、
それよりはたくさん走らせてもらえたのでヨシとしましょう。

120919-09.JPG

帰る途中、林道が数十メートルに渡り崩落していました。去年まで42kmのコースだったところです。
修復作業中のところを通りましたが、レース中に起こることもあるかと思うと怖いですよ。
そういった危険があることをふまえて参加しないとイカンですね。

120919-10.JPG

今年もソーヤーで100kmを完走が出来なかったですねぇ。
レース直後は「二度とコイツでは来ない!」と思っていましたが、今では「次回こそ!」になっています。
私の友人で、フルリジッドのシングルスピードで、3回チェーンを切りながら100kmを完走した
猛者がいます。それを考えると、「やっぱりイッとかんとイカンねぇ〜。」ってなりましたよ。

改めて気づいたのは、シングルスピードバイクでオフロードを乗っていたおかげで、さらにオフロードが
苦にならなくなりましたね。シングルスピードでグリップしない路面を走らせるには、効率良く乗れないと
走らないので、そのおかげもありますね。
去年の方が圧倒的に距離や日数を乗っていたので心肺機能はキツくなかったのですが、このコースでは
全然乗れてなくて大変でした。今年は走行距離や日数が去年の半分以下でも、去年より楽しかったですよ。

自転車は道具なので、自分の体に合わせて使いやすく仕上げれば、少ない力で効率良く走ります。
グリップしない路面でキッチリと走らせられれば、無駄に距離を乗らなくても、短い時間で上手に乗れる
イイ練習になります。

最近流行りの練習会の為の練習じゃなくて、私は「楽しく」「楽に」走る為の練習を続けていこうと思います。


posted by BIKE EIGHT at 02:22| レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする